Mac・Windows・Linux のトリプルブート

パソコン MacBook Pro (15-inch, Mid 2010) 8GB-RAM 320GB-SATA
インストールOS  MacOS X El Capitan、Windows 10、Ubuntu 16.04 LTS
ブートローダー rEFInd


注意事項
  • OS X El Capitanのディスクユーティリティでパーティション作成を試みたが、上手くいかなかったのでOS X Mavericksのディスクユーティリティでパーティションを作成した。(OS Xの古いディスクユーティリティ利用環境が必要)
  • Windows10クリーンインストールを試みたが(古いパソコンでWindows10サポート対象外)上手くいかなかったので、Windows7をインストール後Windows10にアップグレードした。(設定・ソフトを引き継がない方法でアップグレード、BootcampドライバーRealTekを削除してインストール)
  • OS・ソフトインストール・初期設定後、パーティションまるごとバックアップすること(TimeMachineやWindowsバックアップなどで)




MacOS X El Capitan USBインストールティスクの作成
  1.  App Store から OS X El Capitan をダウンロード (ダンロード後のインストーラーは終了する)
  2.  USBメモリーをMacに挿入 (USBメモリー内データは全消去される)
  3.  ターミナルを起動 (移動 > アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル)
  4.  ダウンロードしたファイルが「アプリケーション」フォルダにあり、USBドライブ名が「Untitled」の時
     $ sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app 
     管理者パスワードを入力し、y + (return) 、で暫く時間がかかり、完成すると Copy complete. Done.と表示される


ハードディスクにパーティションを作成する(OS X Mavericksのディスクユーティリティで設定した)
  1.  USBディスクより起動 (optionキーを押しながらMacを起動し、USBを選択)
  2.  ディスクユーティリティを起動 (移動 > アプリケーション > ユーティリティ > ディスクユーティリティ)
     下記のパーティションを作成 

     WIN-80G(FAT)、DATA-100G(exFAT)、MAC(MacOS拡張)-80G、LINUX(FAT)-52G、SWAP(FAT)-8G
     DATA領域はMac/Windows/Linuxの3OSで使用するデーター領域で、パーティション前方に設定する必要がある
     Widows領域もパティション前方に設定する
    $ defaults write com.apple.desktopservices DSDontWriteNetworkStores true



rEFIndをインストール
  1. rEFInd の binary zip ファイルをダウンロード、ディスクトップで解凍 (パス /Users/myaccount/Desktop)
  2.  Macを「Command+R」で再起動 (リカバリーモード)
  3.  ターミナルを起動 (ユーティリティ > ターミナル)
     ダウンロード解凍したファイルの場所を確認する ( /Volumes/MAC )
    $ df -h
  4. ダウンロード解凍したディレクトリに移動する
    $ cd /Volumes/MAC/Users/myaccount/Destkop/refind-bin-0.10.2
  5.  インストーラーrefind-installを確認する
     $ ls
  6.  インストール
     $ ./refind-install 


USBブートのUbuntuを作成 (MacOSで操作) 
  1. Ubuntuをダウンロード (ハッシュ値の確認方法 $ openssl md5 ファイルパス)
  2. ダウンロードファイルのディレクトリに移動しdmgファイルに変換する (以後ダウンロードしたファイル名 ubuntu.iso の場合)
    $ cd タウンロードファイルのディレクトリパス
    $ hdiutil convert -format UDRW -o ubuntu.dmg ubuntu.iso
  3. USBメモリーを挿入しデバイスパスを確認する
    $ diskutil list
  4. USBメモリーをアンマウント (以後USBデバイスパスが /dev/disk1 の場合)
    $ diskutil unmountDisk /dev/disk1
  5. ubuntuイメージをUSBメモリーに作成
    $ sudo dd if=ubuntu.dmg of=/dev/disk1 bs=1m
    管理者パスワードを入力、暫く時間がかかる
  6. USBメモリーをイジェクト
    $ diskutil eject /dev/disk1






Windows 10 USBインストールディスクの作成 (MacOSで操作)
  1. Windows 10 ISO をダウンロード (ダウンロードファイル名 Win10_1511_1_Japanese_x64.iso でディスクトップあるとする)
  2. USBメモリーをMacに挿入、MS-DOS(FAT)でフォーマット(ディスクユーティリティを使用)
  3.  ターミナルを起動 (移動 > アプリケーション > ユーティリティ > ターミナル)
     isoダウンロードファイルをdmgファイルに変換する
     $ hdiutil convert -format UDRW -o ~/Desktop/win10.dmg ~/Desktop/Win10_1511_1_Japanese_x64.iso
  4.  USBメモリーのボリュームを確認する
    diskutil list
  5.  USBメモリーをアンマウント (確認したUSBメモリーが /dev/disk1 とすると)
    di
    skutil unmountDisk /dev/disk1
  6.  ファイルをコピー (ログインしている管理者アカウントを myaccount とすると)
    sudo dd if=/Users/myaccount/Desktop/win10.dmg of=/dev/disk1 bs=1m
    管理者パスワードを入力、暫く時間がかかる
  7.  コピー完了後、USBを取り出せるようにする
    diskutil eject /dev/disk1




Part A: Create Bootable Windows 10 USB Drive

There are plenty of tutorials available online for this step...

Use this one for OS X

Here's one using Windows:

  1. Download the Windows 10 ISO from Microsoft

  2. Download Rufus

  3. Install & Use the tool with the ISO (Pretty obvious eh?) and use FAT32 formatting with GPT for UEFI based systems in the dropdown.

Part B: Partition HDD/SSD for Windows 10 using Disk Utility

  1. Open Disk Utility and select the disk on the sidebar (Select the disk and not the partition)

  2. Click on the Partition Tab and then the '+' icon

  3. Create a new partition with any name & size (preferably >30GB) and format it to FAT32

  4. Click Apply and wait for changes to take effect

  5. Close Disk Utility

Part C: Install rEFInd

Note: This is done to support booting from USB Drives on old MB/MBP...

  1. Download rEFInd

  2. Extract the zip file

  3. Open Terminal App

  4. CD to the extracted folder's location (Google how to use CD commands)

  5. Type "./install.sh" without the quotation marks

  6. Enter password

  7. Run the command on step 5 again!!! (Sometimes it doesn't work on the first go...)

  8. Quit Terminal App and Shut Down your MB/MBP

Part D: Install Windows 10

  1. When you boot, you'll see rEFInd window instead

  2. You'll be presented with the option to boot from USB drive...

  3. Select the right-most option! (The one with USB thumbnail! Select the 2nd one if 2 USB thumbnail options are available...)

  4. Install Windows 10 (Same as the installation for Windows 8/8.1)

  5. Your MB/MBP will reboot... Select the Windows Icon with Hard Disk thumbnail this time!!!

  6. Installation will proceed...

Part E: Downloading Boot Camp Drivers

After Windows 10 is up and running:

  1. Download Boot Camp 5.1.5722 Drivers

  2. Extract the Drivers on the Desktop...

  3. Run CMD or PowerShell as administrator (Use the combination Shift + fn + F10 for right-click)

  4. CD into BootCamp5.1.5722/BootCamp/Drivers/Apple

  5. Run 'BootCamp.msi'

Note: We are using CMD/PowerShell to bypass Elevated Permissions for MSI Installer

Et Voila!!! All drivers will install automatically via Boot Camp...

Latest and compatible NVIDIA and ATI drivers will automatically get installed via Windows Update!

Optional

Part E: Bypass rEFInd boot screen

  1. Boot to OS X

  2. Go to System Preferences

  3. Select Startup Disk

  4. Select BOOTCAMP or Macintosh HD (or whatever your OS X partition is named)

  5. Click Restart